ページ内を移動するためのリンクです



現在ページ

自主企画調査の結果

ビッグデータで見る まち別訪日外国人滞在の実態

株式会社インテージリサーチは、自主企画調査として携帯電話のローミング情報を使った訪日外国人滞在の実態を分析しました。
本分析は、2014年11月に訪日した外国人の滞在場所を、居住国別、時間帯別に分析地域ごとにまとめたものです。

PICK UP

  • エリアによって来訪する国の違いがわかる。中央区は中国、台東区は台湾。鎌倉市ではタイが多く、「東京に近く、大仏がある」ことが理由と考えられる。
  • 時間帯別の変化を見ると、台東区は、中国からの来訪者にとっては「昼間訪れる場所」、台湾からの来訪者にとっては「宿泊場所」と推測される。

分析概要

分析データ モバイル空間統計
分析地域

東京都:港区、渋谷区、中央区、台東区
神奈川県:横浜市中区、西区、港北区、鎌倉市、箱根町
※訪日外国人が多く、特徴があると想定したエリアを任意に選定した

分析対象者 調査該当期間に調査地域に滞在したと推計される訪日外国人(21,486人/1日平均)
分析期間

2014年11月1日〜30日

※抽出しているデータは2014年11月に滞在した訪日外国人を各時間で平均したもの

分析機関

株式会社インテージリサーチ

分析者 銭谷 恭子(ソーシャル事業推進部研究員)

※「モバイル空間統計」とは

モバイル空間統計とは、株式会社NTTドコモの携帯電話のネットワークのしくみを使用して作成される人口の統計情報です。携帯電話6,500万台※1の運用データを基にした新たな人口統計になります。
日本全国の1時間ごとの人口分布を、24時間365日把握することができます。
性別・年齢層別・居住地域別人口構成を、国内人口に加え、訪日外国人※2についても知ることができます。

  1. ※1法人名義の契約データ等を除去して推計しています。
  2. ※2ドコモ独自推計により、2014年現在約250万台になります。
    対象エリアは市区町村・都道府県での調査になります。
    年代・性別の提供はございません。居住地は国別になります。

「モバイル空間統計」は株式会社NTTドコモの商標です。

モバイル空間統計の提供元:

株式会社ドコモ・インサイトマーケティング ( http://www.dcm-im.com/別ウィンドウで開きます )

考察

携帯電話のローミング情報を使い、『宿泊統計』では捉えきれない昼間の訪日外国人数を推計し、自治体単位で国別、時間帯別の傾向を把握することができました。
例えば、分析した自治体の『訪日外国人滞在人口における国別割合』をみると、中央区では中国が多いのに対し、台東区では台湾、鎌倉市ではタイなどの違いがみられました。これは、観光資源の違いによるものと推測されます。このデータについて、 INTAGE (Thailand) Co., Ltd.にヒアリングした結果、「タイでは、定期的にお寺に行く習慣があり、日本の仏教に興味がある」、「数あるお寺の中でも大仏があり、東京から近い鎌倉が選ばれているのではないか」ということが考えられます。
また、台東区を例に『時間帯別滞在人口』をみると、お昼時間(13時)に向けて滞在人口が増え、19時時点で減少した後に、0時時点で再度多くなることがわかりました。これを国別にみると、韓国は全体とほぼ同様の傾向となっていますが、中国では13時時点、台湾では0時時点の来訪人数が最も多いなど、国によって来訪状況が異なることがわかります。このように時間帯による来訪者層の違いを丁寧に分析することで、エリアごとの戦略が見えてくると考えます。

分析結果(一部抜粋)

各自治体における昼間時間帯の訪日外国人 国別割合

※10時〜19時に計測された滞在人口の最大値を来訪人数とし、各国の最大値を積み上げた合計値を100とした場合の各国の出現率。

台東区における時間別滞在人口(滞在人口順上位4国別)

東京圏在住者が地方への移住にあたって求める条件

調査結果プレスリリースPDF

ビッグデータで見る まち別訪日外国人滞在の実態

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージリサーチが保有します。調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前に弊社までご連絡ください。
お問い合わせの際には、以下の(1)〜(2)をお知らせください。

  1. (1)転載・引用したい調査レポートとその範囲
  2. (2)用途・目的

なお、内容によっては、転載・引用をお断りする場合がございます。

【転載・引用に関する注意事項】
※転載・引用の際には、出所として弊社名(株式会社インテージリサーチ)及び調査名称の明記をお願いいたします。
※以下の行為は禁止いたします。

  • データの一部または全部を改変すること
  • 本レポートを販売・出版すること
  • 出所を明記せずに転載・引用を行うこと

本調査に関するお問い合わせ
カスタムレポート提供のご要望(データの転載・引用のご希望)はこちらへ

お問い合わせページへ

株式会社インテージリサーチ ソーシャル事業推進部 宛

TOP


株式会社 インテージリサーチ

〒203-8686
東京都東久留米市本町一丁目4-1
Tel: 042-476-5300 Fax: 042-476-5303

本社地図

ページの終わりです