環境分野に対する取り組み

当社では、環境分野等における政策・法制度の理解を基盤とし、リサーチ技術、データハンドリング技術等を組み合わせた調査研究・コンサルティング、自治体における環境基本計画の策定支援などを行っております。また近年では、環境政策等に対する生活者の受容性を調査・検討するなど幅広く対応しております。

<案件例1> 調達・契約時等における環境負荷低減に向けた調査研究

当社では、物品・サービスの需要側の環境配慮行動である「グリーン購入」に早くから着目し、グリーン購入法成立以降、環境負荷の低減に考慮した物品等の開発動向等に関する知見を活かし、国が調達する物品等の判断の基準等の検討に携わっています。あわせて、オリンピックなどイベントにおけるグリーン購入を推進するためのガイドライン策定も支援しています。

また、温室効果ガス等の排出の削減に資する業務として、国等が契約を結ぶ際に環境性能を含めて評価する仕組みを作る環境配慮契約法に関する調査検討にも携わっています。

<関連する情報>

  • デスクリサーチ
  • ヒアリング調査
  • 委員会運営/事務局運営
  • 統計分析
  • 政策提言 等

<実績例>

環境省

平成29年度グリーン購入法に係る特定調達品目検討調査等業務

環境省

環境配慮契約法に係る基本方針等の改定に向けた調査検討等業務

環境省

東京オリンピックでの導入に向けた環境技術検討評価委託業務

環境省

平成24年度環境表示の信頼性確保のための調査・検討・検証業務

<案件例2> 生活者の環境意識・行動に関する調査研究

当社では、環境政策の最新動向等に関する知見と当社グループが保有するリサーチインフラを活かし、生活者の環境意識や行動に関する調査を行っています。お客様から示された調査設問を単に画面化するだけでなく、調査設計に対するご提案を行いながら業務を遂行いたします。

<関連する情報>

  • デスクリサーチ
  • オンライン定量調査
  • インタビュー調査 等

<実績例>

環境省 平成27年度容器包装に係る環境配慮設計促進方策検討業務
消費者庁 風評被害に関する消費者意識の実態調査
国立研究開発法人国立環境研究所 移動手段の選択に関するインターネットモニター調査業務
暮らし方に関するアンケート調査
住宅・交通・生活に関するアンケート調査
日本の将来の目標と目標間のバランスに関する調査業務
「気候変動対処のための国際制度に関するアンケート調査」業務
安全安心社会構築に関するフォーカス・グループインタビュー調査
社会・環境問題に関する意識調査
公益財団法人 環境ラベル認知度調査
公益社団法人 石油に関するアンケート調査
国立大学法人 環境ラベルに対する消費者の受容性に関する調査
国立大学法人 食品の放射能汚染に関する会場調査

<案件例3> 環境基本計画の策定支援

当社では、環境分野における計画策定支援を行っております。環境分野における調査研究などで蓄積している知見、最新の動向をふまえ、インテージグループの持つ豊富な資源も活用し、ご支援をしております。

<実績例>

京都市

平成29年度京都市環境基本計画進行管理等業務委託

栃木県

次期栃木県環境基本計画策定調査等業務委託

<案件例4> データ活用分野に対する取り組み

データハンドリングの知見及び委員会運営ノウハウ等を活かし、気象データと特定品目の市場データを活用した気候リスク評価及び、気象予測データを用いた気候リスク管理の有効性について調査、検討しました。

<関連する情報>

  • デスクリサーチ
  • ビッグデータハンドリング
  • 委員会運営

<実績例>

気象庁

気候情報を活用した気候リスク管理技術に関する調査

会社代表 042-476-5300

官公庁・自治体の方03-5294-8325

お問い合わせフォーム