新たな統計に関する調査研究

当社では、統計運用から得られる現行の統計データに関する課題認識、及びデータ解析力、専門統計調査士のスキルを活用し、効果的な統計の見直しに貢献します。
また、インテージグループにおけるデータ活用や、各種調査手法に関するノウハウなどからも、最適なご提案を行うことができます。

<案件例1> 大規模モニターを活用した試験調査

当社では、業界最大規模のモニター、及び郵送調査アンケートモニターを有しており、多くの属性の方をカバーすることができます。
調査設計及びデータクリーニング、分析において、専門的な知見から品質を担保し、効果的な検討につなげます。

関連する情報

実績例

国土交通省

船員労働統計調査の見直しに向けた利活用等の分析業務

内閣府経済社会総合研究所

「機械受注統計調査」等における欠測値補完に関する調査研究

総務省統計局

平成29年度購買状況の把握に関する試験調査の実施業務

<案件例2> パネルデータの活用

インテージグループでは、消費者購買パネルや店舗データ、消費者モニターによるテーマ別パネルを有しています。これらパネルデータを指標の検討や、統計データの検討にご活用をいただいております。パネルはすべて数万人以上、店舗については数千店舗でのデータを収集していますので、詳細はお問合せ下さい。

関連する情報

実績例

総務省

新たな消費関連指標に用いる消費者パネルデータの購入

会社代表 042-476-5300

官公庁・自治体の方03-5294-8325

お問い合わせフォーム