ページ内を移動するためのリンクです



現在ページ

自主企画調査の結果

(調査結果詳細)1万人の移住意向調査

株式会社インテージリサーチは、自主企画調査『1万人の移住意向調査』を実施しました。本調査は、2015年3月16日〜18日に全国の18歳以上の男女約1万人を対象にインターネット調査を行い、移住意向の有無や検討している移住先について分析を行い、結果をまとめました。

調査概要については、こちらをご覧ください。

【参考資料】調査結果の詳細

<関東地方 大都市在住者の移住意向と検討している移住パターン>

全国で見た場合の移住意向は36.0%であるのに対し、関東地方の大都市在住者では44.2%が移住意向を示しています。全国と比較すると、「Jターン」や「Iターン」の意向が高いほか、「移住を検討しているが、具体的には決めていない・わからない」人も21.1%存在しています。

関東地方 大都市在住者の移住意向と検討している移住パターン

<移住パターン別の性・年代別構成比>

「Uターン」、「Iターン」、「2地域居住」の意向は、女性よりも男性の方が高く、特に「Iターン」と「2地域居住」は50・60代男性の意向が高いのが特徴です。「Jターン」と「地方から都会・都市へ」の移住は、10・20代の若い世代の意向が高くなっています。

移住パターン別の性・年代別構成比

※赤枠は、男性の方が移住意向が高いことを示します。

<移住のきっかけとなるライフイベント>

男女とも10代は「就職(学校の卒業・修了)」がきっかけの第1位、20代男性では仕事に関連するきっかけが並び、20・30代女性では「結婚」が主なきっかけです。
30代以降は、男性の場合、「転職・退職」と「住宅購入」が主なきっかけとしてあげられています。女性の場合は、男性に比べて「転職・退職」がきっかけとなる割合が低く、「家族等の介護」の割合が高いのが特徴です。

移住のきっかけとなるライフイベント(男性)

移住のきっかけとなるライフイベント(女性)

<住みたいまち・むらのイメージ>

いずれの移住パターンでも、住みたいまち・むらのイメージは「安全・安心に暮らせる」、「交通が便利である」ことが上位にあげられています。
移住のパターン別に見ると、「地方から都会・都市へ」、「Uターン」、「Jターン」希望者は交通や買い物といった利便性を求め、「Iターン・2地域居住」希望者は自然の豊かさや気候の良さ、食材の豊富さ等に重点を置いていることがわかります。

住みたいまち・むらのイメージ(移住パターン別)

住みたいまち・むらのイメージ(移住パターン別)

転載・引用について

本レポートの著作権は、株式会社インテージリサーチが保有します。調査レポートの内容の一部を転載・引用される場合には、事前に弊社までご連絡ください。
お問い合わせの際には、以下の(1)〜(2)をお知らせください。

  1. (1)転載・引用したい調査レポートとその範囲
  2. (2)用途・目的

なお、内容によっては、転載・引用をお断りする場合がございます。

【転載・引用に関する注意事項】
※転載・引用の際には、出所として弊社名(株式会社インテージリサーチ)及び調査名称の明記をお願いいたします。
※以下の行為は禁止いたします。

  • データの一部または全部を改変すること
  • 本レポートを販売・出版すること
  • 出所を明記せずに転載・引用を行うこと

本調査に関するお問い合わせ
カスタムレポート提供のご要望(データの転載・引用のご希望)はこちらへ

お問い合わせページへ

株式会社インテージリサーチ ソーシャル事業推進部 宛

TOP


株式会社 インテージリサーチ

〒203-0053
東京都東久留米市本町一丁目4-1
Tel: 042-476-5300 Fax: 042-476-5303

本社地図

ページの終わりです